×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

画像の説明画像の説明画像の説明画像の説明画像の説明
ホーム > 囃子
        

高 麗 川 の 歴 史

岡目

 昭和28年、高麗川区が創立すると、年々、祭りを行おうという声が高まり、昭和30年、東京都青梅市北小曽木(現在の成木八丁目)から、山車を譲渡されました。これにともない、上鹿山囃子連から王蔵院流旧祭囃子(王蔵流)を伝授され、旧囃子団体(名称不明・当会の前々身)が発足しました。その年の秋には、初めての祭礼が開催され、山車の曳きまわしが行われましたが、演奏は、上鹿山囃子連に依頼しました。当日は、家々で赤飯を炊き、揃いの着物と襦袢を身にまとい、祝ったそうです。
 平成に入ると、次第に会員数が減少し、存続の危機に陥ります。そこで、同9年、高麗川区と隣接する四本木区の有志12名が発起人となり、「祭り囃しの会」が発足し、高麗川・四本木両地区の合同運営という形で、新たな門出となりました。この頃、囃子連としての活動は、最盛期をむかえ、子供たちの数もこの時期が最も多く、活気のある時代でもありました。
 それから月日がたった平成21年、四本木区が地区内に公園が完成したのを機に単独で夏祭りを開催するようになり、運営も再び高麗川区のみで行うようになります。それにともない、名称も、「こまがわはやし連」に改称されましたが、この頃から、再び会員数が減り始め、子供の数も激減しました。その後、平成23年に高麗川区の関連団体となり、名称を、「高麗川囃子連」に改称しました。
 また、平成25年には、高麗川区創立60周年に伴い、囃子連を盛り上げようという声が高まり、数名が練習を重ね、新たな曲を習得しました。
 近年は、夏祭りでの演奏だけでなく、日高市の巾着田で毎年開催されている、「菜の花まつり」や「曼珠沙華まつり」などでも演奏を行い、活動の場を広げています。

  

沿 革

   

昭和
28年
高麗川区が創立
昭和
30年
東京都青梅市北小曽木(現・成木八丁目)から山車を入手

旧囃子団体(名称不明・当会の前々身)が発足

第1回高麗川区納涼夏祭り開催
平成09年 高麗川区・四本木区の有志12名が発起人となり、「祭り囃しの会」(当会の前身)が発足
平成
11年
浅草見学(浅草寺・花やしき・宮本卯之助商店)

半纏の購入
平成
14年
秩父見学(秩父神社・秩父まつり会館・羊山公園・高野太鼓店)

練習用調べの革の張り替え・練習用大間の購入
平成
17年
川越見学(蔵造りの町並み・川越まつり会館・菓子屋横丁)
平成
18年
巾着田「曼珠沙華まつり」に初出演
平成
20年
巾着田「曼珠沙華まつり」に2回目の出演
平成
21年
四本木区が独立
平成
23年
高麗川区自治会の関連団体となり、「こまがわはやし連」に改称
平成
25年
名称を、「高麗川囃子連」に改称

第5回巾着田菜の花まつりに初出演し、上鹿山囃子連、原宿囃子連、武蔵台囃子連と共演

新曲を習得

獅子頭を購入

高麗川区創立60周年にともない、納涼夏祭りが盛大に開催され、新曲ならびに獅子頭を初披露
平成
26年
名称を高麗川囃子連に改称

第6回巾着田菜の花まつりに2回目の出演
平成
27年
発足60周年

高麗川囃子連六十周年記念祝賀会を開催
平成
28年
本番用調べの革の張り替え

巾着田菜の花まつりに3回目の出演

ひだかワンデーウォーキングに初出演

  

会員募集 メニュー
リンク



高麗川囃子連公式ブログ


高麗川囃子連YouTube公式チャンネル


高麗川囃子連公式Google+ページ


※このサイトに掲載の文章・画像の無断転載を禁じます。

Copy Right (C) 2016 Komagawa Hayashi Ren. All rights reserved.