画像の説明画像の説明画像の説明画像の説明画像の説明
ホーム > 囃子道具
        

楽 器 類

  

篠笛 篠笛(古典調)coming soon 祭囃子において、最も重要な楽器の1つで、笛が太鼓をリードする。単に、「笛」とも呼ぶ。素材は女竹で、歌口(吹き穴)の他に穴が7つ開いている。音を出すのは、比較的難しく、一升瓶を吹くような感覚で吹く。根気よく練習すれば、ある程度吹けるようになるが、指使い(奏法)には様々なものがあり、非常に奥が深い楽器である。高麗川では、主に古典調の四本・五本調子を使用しており、他地域に比べ、音が低い傾向にある。
調 調べcoming soon 読みは、「しらべ」。一般的には、「小太鼓」や「締太鼓」などと呼ばれる。囃子のリズムを取る役割を担う楽器の1つで、必ず2人1組で演奏する。素材は、木と牛皮で、欅をくり貫いた胴に牛皮を張り、ボルトを締めることで、音の高さを調整する。叩けば音が出るため、簡単だと思われがちだが、速さや強弱、手首の使い方など、笛と同じくらい奥が深い楽器である。他地域では、左右で音の高さが異なったり、違う叩き方をしたりすることがあるが、高麗川では、左右とも同じ高さで、同じ叩き方をする。
大間 大間coming soon 読みは、「おおま」。一般的には、「大太鼓」や「長々胴太鼓」などと呼ばれる。囃子のリズムを取る役割を担う楽器で、調に比べ、低い音が特徴。素材は、調と同じく、木と牛皮で、欅をくり貫いた胴に牛皮を張ったものであるが、ボルトはなく、音を調整することはできない。調べ同様、速さや強弱、手首の使い方などが重要で、奥が深い楽器である。また、調べにはない、縁を叩くという奏法もあり、それで調子を取る。他地域では、「おおかん」と読むことが多い。
摺り鉦 摺り鉦coming soon リズムを取る役割を担う楽器で、単に、「鉦」とも呼ぶ。甲高い音が特徴で、撞木を使い、演奏する。最も脇役的要素の強い楽器であるが、速さや強弱など、上手に演奏することによって、曲に締りが出る。他地域では、「当たり鉦」や「四(与)助」などと呼ばれることもある。
調の枠台 調べの枠台coming soon 調べをはめ、固定する台。木製。
大間の台 大間の台coming soon 大間を載せ、固定する台。木製。山車に大間を取りつける際は、金具でできた特殊な台座を使用する。
撥coming soon 読みは、「ばち」。調べや大間の演奏に使用する。材質は、檜や朴、樫や楓などで、それぞれ、長さや太さが異なる。
撞木 撞木coming soon 読みは、「しゅもく」。摺り鉦の演奏に使用する。細く切った竹の先に、鹿の角を取りつけたもの。

  

高 麗 川 の 面

※購入予定のものも含む。

   

天狐 天狐coming soon 読みは、「てんこ」。依頼は、東京都羽村市の田中俊成氏。祭囃子において、最もポピュラーな面の1つ。神の遣いで、両手に幣束を持って踊り、鬘には、大振を用いる。天狐は、妖狐の中で最も位の高い狐であり、善狐が1000年生きると天狐になるとされている。主に、「屋台」という曲で使用する。平成27年購入。
地狐 地狐 読みは、「じこ」。作者は、東京都府中市の富八氏。野生の狐で、赤みがかった顔をしている。天狐と同じく、両手に幣束を持って踊るが、より激しい動きが必要とされる。鬘には、大振を用い、髪をつまんで踊る姿も特徴的。他地域では、「野狐(やこ)」と呼ばれることが多い。主に、「屋台」という曲で使用する。平成27年購入。
外道 外道coming soon 読みは、「げどう」。依頼は、東京都羽村市の田中俊成氏。彫りが深く、恐ろしい表情をしているが、どこか物悲しげにも見える顔をしている。他の面に比べ大振りで、鬘には、輪垂を用いる。踊りでは、両手に幣束を持ち、力強く、重厚な動きを表現する。主に、「屋台」という曲で使用する。平成27年購入。
三番叟 三番叟coming soon 読みは、「さんばそう」。白く、凛々しい表情が特徴。祝いの踊りで、他地域では、神楽鈴や扇子を持って踊ることがあるが、高麗川では、道具は使用しない。主に、「三番叟」という曲で使用する。平成28年以降購入予定。
住吉 住吉coming soon 読みは、「すみよし」。住吉三神の1つである、底筒男命(そこつつおのみこと)のこと。リズムのよい扇子づかいは、波を表現しているとされている。主に、「仁羽」という曲で使用する。平成28年以降購入予定。
火男 火男 読みは、「ひょっとこ」。作者は、羽生光行氏。祭囃子において、最もポピュラーな面の1つ。目を見開き、口を前に突き出した表情が特徴。主に、「仁羽」という曲で使用する。昭和48年購入。会宝。
口曲
口曲り 作者は、羽生光長氏。いわゆる、「もどき」の一種で、高麗川では、「馬鹿面」と呼ぶ。火男が口を曲げたような表情で、踊りも曲がっている方の腕や肩を意識しながら踊る。一般的な口曲りは、片目だけ、への字になっているが、高麗川のものは、両目ともへの字になっており、非常に珍しい表情をしている。主に、「仁羽」という曲で使用する。昭和45年購入。会宝。
蛙 読みは、「かわず」。作者は、2代目高倉左近氏。いわゆる、「もどき」の一種で、高麗川では、「馬鹿面」と呼ぶ。一般的な蛙に比べ、目が下を向いており、嘆いているような表情が特徴。主に、「仁羽」という曲で使用する。昭和45年購入。
微笑 微笑 作者不詳。いわゆる、「もどき」の一種で、高麗川では、「馬鹿面」と呼ぶ。笑い面であるが、微笑んでいるような表情が特徴。主に、「仁羽」という曲で使用する。昭和48年購入。

笑い
大笑い 作者は、羽生光行氏。いわゆる、「もどき」の一種で、高麗川では、「馬鹿面」と呼ぶ。一般的な大笑いに比べ、歯が出っ張っているのが特徴。主に、「仁羽」という曲で使用する。昭和48年購入。会宝。
岡目 岡目 読みは、「おかめ」。作者不詳。祭囃子において、最もポピュラーな面の1つ。可愛らしい愛嬌のある表情が特徴で、女らしく、淑やかに踊る。種類としては、お歯黒をしているのが既婚者、していないのが未婚者であり、衣装も面の種類に合わせて用いる。主に、「仁羽」・「数え唄」という曲で使用する。昭和48年購入。
獅子頭 獅子頭coming soon 作者は不明だが、愛知県の獅子頭職人の手によるもので、椹製の寄木造り。大きさは、1尺1寸と若干大振りであるが、約1.8キロと非常に軽量なつくりとなっている。獅子が噛むことで、厄や悪霊を切るという意味があり、1番最初に踊ることが多い。また、獅子から火男や馬鹿面が出る、「ぬけ」という踊り方もある。主に、「屋台」・「鎌倉」・「子守唄」という曲で使用する。平成25年購入。

  

会員募集 メニュー
リンク



高麗川囃子連公式ブログ


高麗川囃子連YouTube公式チャンネル


高麗川囃子連公式Google+ページ


※このサイトに掲載の文章・画像の無断転載を禁じます。

Copy Right (C) 2016 Komagawa Hayashi Ren. All rights reserved.